ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

お知らせ
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 be動詞・一般動詞(現在・過去) 』 内のQ&A

60件中 51 - 60 件を表示

6 / 6ページ
  • 【英語】do homeworkのdoの意味がわからない

    do homeworkのdoは,否定文や疑問文を作るときのdoではなく,「~する」という意味の一般動詞です。homeworkは「宿題」という意味の名詞なので,「宿題をする」という場合にはdo homeworkとなります。 ・I do my homework.(わたしは宿題をします) ※「~... 詳細表示

    • No:702
    • 公開日時:2017/01/16 00:00
    • 更新日時:2021/10/04 16:27
  • 【英語】形容詞,動詞,名詞の違いは?

    ■形容詞 名詞の形や性質,状態などを表す語。 名詞の前に置いてその名詞を修飾(説明)したり,be動詞の後ろに置いて主語を説明したりします。 [例] ・a small book(小さい本)←形容詞smallが名詞bookを修飾しています。 ・He is tall.(彼は背が高い)←be動詞(is)の後... 詳細表示

    • No:234
    • 公開日時:2017/01/16 00:00
    • 更新日時:2021/10/07 12:54
  • 【英語】wasとwereの使い分け

    was,wereはbe動詞の過去形です。be動詞は主語の人称や単数か複数かによって使いわけます。 主語がIやheなどでない場合も、単数か複数かを考えると、wasとwereのどちらを使うかがわかります。 [例] My father (わたしの父):単数→was My father was a t... 詳細表示

    • No:733
    • 公開日時:2017/01/16 00:00
    • 更新日時:2021/10/04 16:47
  • 【英語】言うのspeak / talkなどの使い分け

    下記のイメージで使い分けます。 1.speak : ことばを一方的に発する「話す,演説する」 2.talk : 話し相手と「しゃべる,話し合う」 3.tell : ある内容を人に話し伝える 「告げる,知らせる,教える」 4.say : ある内容をことばで表す「言う,述べる」 1.... 詳細表示

    • No:727
    • 公開日時:2017/01/16 00:00
    • 更新日時:2021/10/04 16:22
  • 【英語】目的語が2つある文の作り方

    「(人)に(もの)を~する」という言い方は, ①〈主語+動詞+(人)+(もの)〉の語順と, ②〈主語+動詞+(もの)+toまたはfor+(人)〉の語順の 2とおりの言い方ができます。 ②の場合,toを使うかforを使うかは動詞によって決まっています。 ・give「与える」,show「見せる」... 詳細表示

    • No:735
    • 公開日時:2017/01/16 00:00
    • 更新日時:2021/10/04 16:50
  • 【英語】listeningのnを重ねないのは?

    動詞の最後の文字を重ねてからingをつけるのは,単音節で語尾が<短母音+子音>の単語と,複音節で語尾が<アクセントのある短母音+子音>の単語です。 listenのように,複音節で語尾が<アクセントのない短母音+子音>の単語は,最後の文字を重ねずにingをつけます。 音節とは,ひとまとまりの音として認識... 詳細表示

    • No:261
    • 公開日時:2017/01/16 00:00
    • 更新日時:2021/10/04 16:35
  • 【英語】am notの短縮形がない理由

    2つの単語を続けて短くすると言いやすくなるものが短縮形です。am notはamn'tとするとmとnの2つの鼻音(鼻から出す音)がつながるため発音しにくくなります。そのために通常amn'tは使いません。 am notの短縮形amn'tはある地方の方言として使われていることもあり,まったくないわけではありません... 詳細表示

    • No:269
    • 公開日時:2017/01/16 00:00
    • 更新日時:2021/10/04 16:16
  • 【英語】takeとbringの違い

    どちらも人やものを運ぶときに使いますが,話し手に対して人やものがどう動くか,視点によって異なります。 ■take 話し手から離れた方へ「持っていく」「連れていく」こと。 [例] Can you take the bag to Ken?(ケンにそのバッグを持っていってくれますか) ... 詳細表示

    • No:231
    • 公開日時:2017/01/16 00:00
    • 更新日時:2021/10/04 16:38
  • 【英語】「見る」という意味のseeなどの使い分け

    下記のイメージで使い分けます。 1.see … 意識しなくてもあるものが自然と目に入る 2.look … 意識的にあるものに視線を向ける 3.watch … 人や物の動きなどを目で追って観察する [例] 1.see I can see some people in ... 詳細表示

    • No:726
    • 公開日時:2017/01/16 00:00
    • 更新日時:2021/10/04 16:22
  • 【英語】liveは「住んでいる」という意味のとき進行形にしないのか?

    liveは「状態動詞」のため,基本的には進行形にしません。 しかし,「一時的にある場所に住んでいる」という意味に使うときは進行形にすることもできます。 ・I live in Osaka now. → 普通に「住んでいる」ということを表します。 ・I’m living in Osaka now... 詳細表示

    • No:220
    • 公開日時:2017/01/16 00:00
    • 更新日時:2021/10/04 16:39

60件中 51 - 60 件を表示

学びの手帳
お手持ちのスマホでチェック!