ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

お知らせ
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • まなびQ&A > 中学2年生 > 理科 > 細胞、植物のからだのつくりとはたらき、消化・吸収・排出、呼吸と血液循環,刺激と反応

『 細胞、植物のからだのつくりとはたらき、消化・吸収・排出、呼吸と血液循環,刺激と反応 』 内のQ&A

24件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • 【理科】顕微鏡では,なぜ見たいものを反対方向に動かすのか

    ふつう,顕微鏡は,観察するものが上下左右逆さまに見えるつくりになっています。 ですから,観察するものは,動かしたい方向と逆の方向に動かします。 顕微鏡には凸レンズ(ムシメガネやルーペのように中央が膨らんでいるレンズ)が2枚使われています。 ■凸レンズのはたらき 凸レンズを通... 詳細表示

    • No:479
    • 公開日時:2017/01/20 00:00
    • 更新日時:2021/10/11 14:02
  • 【理科】光合成の実験で,なぜ熱湯を注ぐのか?

    熱湯は,細胞壁をこわすために注ぎます。 細胞壁をこわすのは,エタノールで脱色したり,ヨウ素液にひたしたりするとき,細胞の中までエタノールやヨウ素液が入るようにするためです。 光合成を行い,デンプンをつくる葉緑体は,細胞の中にふくまれています。 細胞の外側にある細胞壁はじょうぶにできているため,そのま... 詳細表示

    • No:487
    • 公開日時:2017/01/20 00:00
    • 更新日時:2021/10/11 13:59
  • 【理科】脂肪酸とモノグリセリドが再度脂肪になる理由

    脂肪を脂肪酸とモノグリセリドに分解したのにまた脂肪に戻すのは,からだの中に蓄えられるときは脂肪の形で蓄えられるからです。 また,なぜ2つに分けるかというと,脂肪は粒が大きいので,そのままでは柔毛から吸収できないからです。 ですから,脂肪酸とモノグリセリドに分解して粒を小さくしたあと,ふたたび脂... 詳細表示

    • No:462
    • 公開日時:2017/01/20 00:00
    • 更新日時:2021/10/11 14:09
  • 【理科】顕微鏡は,なぜ接眼レンズからつけるのか?

    回答はこちらです。 詳細表示

    • No:478
    • 公開日時:2023/10/02 11:00
  • 【理科】双子葉類と単子葉類の茎と葉の道管と師管

    茎の維管束(道管の束と師管の束の集まり)の中では,双子葉類,単子葉類のどちらも道管は内側,師管は外側にあります。 双子葉類と単子葉類の大きな違いは茎の維管束の並び方で,双子葉類では茎を中心に円をかくように丸く並び,単子葉類では茎全体に散らばっています。 双子葉類の代表的な植物にはアブラナ,ヒマ... 詳細表示

    • No:959
    • 公開日時:2017/01/20 00:00
    • 更新日時:2021/10/11 13:58
  • 【理科】だ液はなぜデンプンを糖に分解するのか

    デンプン(炭水化物)は,そのままでは体内に吸収することができません。 そこで,体内に吸収しやすくするために,まず,だ液がデンプンを糖に分解するのです。 だ液は,消化液のひとつです。 消化液は,食物の養分を分解して,体内に吸収しやすい物質にするはたらきがあります。 じつは,食物の養分... 詳細表示

    • No:477
    • 公開日時:2017/01/20 00:00
    • 更新日時:2021/10/11 14:03
  • 【理科】オオカナダモを使った光合成の実験でのBTB溶液の色

    二酸化炭素がとけている水は酸性になります。BTB溶液は酸性のとき「黄色」になります。 酸素がとけた水は中性なので,BTB溶液の色の変化には関係しません。 BTB溶液は,水溶液の性質によって色が変わります。 アルカリ性…青色   中性…緑色   酸性…黄色 BTB溶液は,アルカリ性に... 詳細表示

    • No:455
    • 公開日時:2017/01/20 00:00
    • 更新日時:2021/10/11 14:11
  • 【理科】進化と変態の違い

    「進化」とは,ある種族の生物(動物でも植物でも)が何世代と経ていく間に次第に変化し,さまざまななかまに分かれていくことです。 「変態」とは,ある生物が1世代の間,つまり卵から成体になるまでに,時期により異なる形になることをいいます。 例えば,古代のハチュウ類は,何万年という年月をかけて,一部が... 詳細表示

    • No:474
    • 公開日時:2017/01/20 00:00
    • 更新日時:2021/10/11 14:06
  • 【理科】維管束と葉脈の違い

    維管束とは,道管と師管が集まって束のようになっている部分です。 茎でも葉でも見られるつくりです。 葉脈とは,葉の中を通る維管束のことで,葉の表面から見ると,葉の維管束が,すじになって浮き出て見えます。 葉においては「維管束=葉脈」と考えることができます。 維管束とは植物のか... 詳細表示

    • No:475
    • 公開日時:2017/01/20 00:00
    • 更新日時:2021/10/11 14:06
  • 【理科】植物は二酸化炭素を吸うのか?吐くのか?

    植物は,人間などの動物と同じように「呼吸」をして酸素を吸い,二酸化炭素を出しています。 また,「光合成」という,二酸化炭素を取り入れ,酸素を出すはたらきもしています。 「呼吸」は,生きている間はずっと,昼も夜も行われます。 「光合成」は,光を受けたときだけ行います。 植物は,光が当たってい... 詳細表示

    • No:481
    • 公開日時:2017/01/20 00:00
    • 更新日時:2021/10/11 14:00

24件中 1 - 10 件を表示

学びの手帳
お手持ちのスマホでチェック!