ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

お知らせ
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 国語 』 内のQ&A

131件中 1 - 10 件を表示

1 / 14ページ
  • 【国語】動詞の活用形の見分け方

    「投げる」「打ち込ん」はどちらも「動詞」。 動詞の活用形は「あとに続く語」で見分けます。 変化球を投げるピッチャーを打ち込んで勝利した。 ・「投げる」のあとに続く語は「ピッチャー」。 ピッチャーは「体言(名詞=物・人・事柄)」。 体言に続くのは「連体形」(*「体言に連... 詳細表示

    • No:929
    • 公開日時:2017/01/20 00:00
    • 更新日時:2021/10/07 14:05
    • カテゴリー: 文法  ,  文法  ,  文法
  • 【国語】歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直す方法

    古文でつかわれる仮名遣いは現代の仮名遣いと異なります。 歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直すときには,ルールに従って直していきましょう。 〔歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直すときのルール〕 (1)~(3)は,現代仮名遣いに直すルールの中でも基本です。必ず覚えましょう。 (5)~(7)はローマ... 詳細表示

  • 【国語】作文の句読点の打ち方

    句点は「。」,読点は「、」のことで,文を読みやすくかつ理解しやすくするための符号です。 句点は文末,読点を打つ場所は基本的に「声に出して読んだときに間(ま)をおく場所」に打つと考えるとよいでしょう。 句点についてはわかりやすいので,読点の打ち方について説明します。 ■接続部で「、」を打つ... 詳細表示

    • No:332
    • 公開日時:2017/01/20 00:00
    • 更新日時:2021/10/07 14:37
    • カテゴリー: 文法  ,  文法  ,  文法
  • 【国語】鑑賞文の書き方

    その作品で描かれた情景や心情を読み取ったうえで,よい点や感じたことを書きましょう。 鑑賞文の一般的な構成の仕方を紹介します。 1.作品に描かれた情景を説明する 2.情景から感じられる作者の心情について述べる 3.鑑賞者の感想を述べる まず,俳句や短歌などの作品... 詳細表示

  • 【国語】比喩(ひゆ)の区別

    1.「~のようだ(ように)」などの,たとえを表す表現があるか, 2.人間にたとえているか,で見分けます。 比喩の種類を見分けるには,二つのポイントがあります。 1.「~のようだ(ように)」などが使われているかどうか 「~のようだ(ように)」などのたとえを表す言葉が使... 詳細表示

  • 【国語】枕詞(まくらことば)とは何か

    枕詞とは,おもに和歌に使われる技法のひとつで,ある特定の言葉を導き出し,和歌の調子を整える働きをするものです。 (例)ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ 大意:光がのどかに照る春の日だというのに,どうして桜の花は落ち着きなく散っていこうとしているのだろうか。 上の例を見てわか... 詳細表示

  • 【国語】動詞と助動詞の見分け方

    動詞と助動詞を見分けるには,その語だけを取り出して,それだけで意味がわかるかどうかで判断します。意味がわかるときは動詞,わからないときは助動詞です。 動詞と助動詞の大きな違いは,「動詞→自立語」であり,「助動詞→付属語」であるということです。 自立語は「文節のはじめにきたり,単独で文節をつくったりする... 詳細表示

    • No:406
    • 公開日時:2017/01/20 00:00
    • 更新日時:2021/10/07 14:08
    • カテゴリー: 文法  ,  文法  ,  文法
  • 【国語】けり・ける・けれの違い

    すべて過去の助動詞「けり」ですが,次に続く語によって活用形が異なり,「ける」「けれ」と形を変えています。 古典文法については高校で詳しく学習するので,詳しい説明は省略しますが,ここで使われている「けり」「ける」「けれ」は,すべて過去の意味を表す助動詞「けり」の活用した形です。 古典文法でも現代語文法と... 詳細表示

  • 【国語】短歌の句切れ

    短歌の句切れとは,短歌の意味や調子の切れ目のことです。 短歌の形式「五・七・五・七・七」で意味を考えていき,句切れる場所によって,初句切れ・二句切れ・三句切れ・四句切れといいます。また,句切れのないものもあります。 [例1] みづうみの 氷は解けて なほ寒し/三日月の影 波にうつろふ  この... 詳細表示

  • 【国語】重箱読み・湯桶読みとは?

    重箱読み・湯桶読みとは,熟語を音と訓の組み合わせで読む「読み方」のことです。 一般的に,漢字の熟語は音読みどうし・訓読みどうしを組み合わせて読みます。その例外として重箱読み・湯桶読みというのがあります。おもな例と一緒に覚えておきましょう。 ■重箱読み…音読み+訓読み (例)台所(... 詳細表示

131件中 1 - 10 件を表示

学びの手帳
お手持ちのスマホでチェック!