ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

お知らせ
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 英語 』 内のQ&A

276件中 31 - 40 件を表示

4 / 28ページ
  • 【英語】There is~. と It is~. の違い

    There is~. の文は,「~があります」という意味です。ものや人の『存在』を表すときに使います。 It is~. の文は,「(それは)~です」という意味です。ものなどを『説明』したり,『状態』を表したりするときに使います。 [例] ・There is a post office n... 詳細表示

  • 【英語】「~を…にする」のmake(s)

    〈make+「~を」+「…に」〉の文型であっても,ふつうの文と同じで,動詞の形は主語の人称や時制によって決まります。 現在の文で,主語がIやyou,複数ならmake,主語が3人称・単数ならmakes,過去の文なら主語が何であってもmadeになります。 This book makes m... 詳細表示

  • 【英語】withとtogetherの使い分け

    withは前置詞,togetherは副詞なので使い方が違います。 [with] withは前置詞なので,この単語だけでは使いません。後ろに名詞や代名詞を置きます。 [例] I went to China with my family. (わたしは家族と一緒に中国に行きました) [together]... 詳細表示

    • No:277
    • 公開日時:2017/01/16 00:00
    • 更新日時:2021/10/05 14:54
    • カテゴリー: 品詞  ,  品詞  ,  品詞
  • 【英語】「Are you」と「You are」の使い分け

    「Are you~?」は「あなたは~ですか」という意味,「You are~」は「あなたは~です」という意味の文です。 最初に「You are~」の文を作り,その後で「Are you~?」の疑問文(たずねる文)に直すとわかりやすいです。 [例] You are a student. (あなたは学生です... 詳細表示

  • 【英語】a lot は,a lot of と違うのか?

    a lotは,名詞として「たくさん」という意味を表す場合と,副詞的に「大変」「とても」という意味を表す場合があります。 一方,a lot ofは,後に名詞が続き,形容詞的に「たくさんの~」という意味を表します。 【a lot】 ■「たくさん」「多くのもの」という意味を表すa lotは,名... 詳細表示

    • No:142
    • 公開日時:2017/01/16 00:00
    • 更新日時:2021/10/04 17:06
    • カテゴリー: 品詞  ,  品詞  ,  品詞
  • 【英語】sheとherの違いがわからない

    sheとherでは,文中でのはたらきが違います。 sheは〔主格〕で「彼女は」という意味で主語のはたらきをします。 herは〔目的格〕で「彼女を〔に〕」という意味で,動詞のあとにきて目的語のはたらきをする場合と,名詞のあとにきて〔所有格〕の「彼女の」という意味もあります。 ■sheとherの... 詳細表示

    • No:713
    • 公開日時:2017/01/16 00:00
    • 更新日時:2021/10/05 14:08
    • カテゴリー: 品詞  ,  品詞  ,  品詞
  • 【英語】教科名の書き始めも大文字?

    国名・地名・人の名前・言語名などは文の途中でも大文字で書き始めますが,教科名に関してはそうとは限りません。 ■Englishは「言語名」なので,大文字で書き始めます。 Japanese(日本語→国語),French(フランス語),Chinese(中国語)…のように,言語名はすべて大文字で書き始... 詳細表示

  • 【英語】bikeとbicycleの違い

    両方とも「自転車」という意味で使います。 bikeはbicycleの『口語』のため,少しくだけたイメージがあります。 話し言葉ではbicycleよりbikeを使うことのほうが多いです。 また,bicycleは「自転車」という意味だけですが,bikeには「オートバイ」という意味もあります。 ... 詳細表示

    • No:175
    • 公開日時:2017/01/16 00:00
    • 更新日時:2021/10/05 14:30
    • カテゴリー: 品詞  ,  品詞  ,  品詞
  • 【英語】mustとhave toの使い分け

    must ~とhave[has] to ~は,どちらも「~しなければならない」という意味です。 ただし,状況によっては使い分けが必要になりますので,注意しましょう。 【状況による使い分け】 must ~:自分の意思で「~しなければならない」ときに使います。 [例] ・... 詳細表示

  • 【英語】Will you ~?とCan you ~?の違い

    Will you ~?とCan you ~?の違いは,ていねい度の違いです。 一般的に,Can you ~?は友達や家族など親しい間柄でよく使われます。 Will you ~?は仕事や公的な場面でも使われ,ていねいな依頼になることがあります。 [例] ・Can you come t... 詳細表示

276件中 31 - 40 件を表示

学びの手帳
お手持ちのスマホでチェック!