ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

学習Q&A
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 380
  • 公開日時 : 2017/01/20 00:00
  • 更新日時 : 2021/10/07 14:10
  • 印刷

【国語】自動詞と他動詞の見分け方

自動詞と他動詞の区別がまったくつきません。
カテゴリー : 

回答

動作の対象を必要とする動詞が他動詞,動作の対象を必要としない動詞が自動詞です。


簡単に見分けるには,「~を」という対象を表す語があるかどうかを確認します。

[例]
・わたしは起きる。  →「わたし」自身の動作を表しています。(自動詞)
・わたしが弟を起こす。→「~を」(つまり「弟を」)という対象を表す語があります。(他動詞)

ただし,すべての動詞に自動詞と他動詞があるわけではありません。
・自動詞しかないもの →「ある」「来る」など
・他動詞しかないもの →「知る」「読む」など

また,自動詞・他動詞がまったく同じ形のものもあります。
[例]「笑う」「増す」「閉じる」など
・わたしは笑う。  (自動詞)
・わたしが弟を笑う。(他動詞)

アンケート: このQ&Aへのご感想をお寄せください。

ご意見・ご感想をお寄せください。 こちらに質問を入力頂いても回答ができません。いただいた内容は「Q&Aへのご感想」として一部編集のうえ公開することがあります。ご了承ください。

お探しのQ&Aがない場合

※「まなびの手帳」アプリでご利用いただけます

ダウンロードすると
Q&Aのお気に入り登録や
チャットボット機能が
ご利用できます(無料)