ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

学習Q&A
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 381
  • 公開日時 : 2017/01/20 00:00
  • 更新日時 : 2021/10/07 15:08
  • 印刷

【国語】重箱読み・湯桶読みとは?

重箱読み(じゅうばこよみ)・湯桶読み(ゆとうよみ)について詳しく教えてください。
カテゴリー : 

回答

重箱読み・湯桶読みとは,熟語を音と訓の組み合わせで読む「読み方」のことです。
 
一般的に,漢字の熟語は音読みどうし・訓読みどうしを組み合わせて読みます。その例外として重箱読み・湯桶読みというのがあります。おもな例と一緒に覚えておきましょう。
 
■重箱読み…音読み+訓読み
(例)台所(「台(ダイ)」が音読み+「所(どころ)」が訓読み)
職場(ショクば),額縁(ガクぶち),団子(ダンご),本屋(ホンや),残高(ザンだか)など
 
■湯桶読み…訓読み+音読み
(例)高台(「高(たか)」が訓読み+「台(ダイ)」が音読み)
場所(ばショ),見本(みホン),敷金(しきキン),豚肉(ぶたニク),雨具(あまグ)など

アンケート: このQ&Aへのご感想をお寄せください。

ご意見・ご感想をお寄せください。 こちらに質問を入力頂いても回答ができません。いただいた内容は「Q&Aへのご感想」として一部編集のうえ公開することがあります。ご了承ください。

お探しのQ&Aがない場合

※「まなびの手帳」アプリでご利用いただけます

ダウンロードすると
Q&Aのお気に入り登録や
チャットボット機能が
ご利用できます(無料)